受動喫煙は傷害罪にも 迷惑タバコはいけません

タバコ撲滅委員会長のメロディです。

タバコを吸う喫煙者であれば、当然周囲の方に迷惑をかけないようにしなければなりません。
しかし、ほとんどの喫煙者が迷惑喫煙をしているのが現実です。


そのため、迷惑タバコをしている迷惑喫煙者たちは、今すぐにタバコをやめなければなりません。
すぐに禁煙が難しいというのは言い訳で、そんなことはありません。
迷惑喫煙で他の人に無理矢理受動喫煙させるのは傷害罪です。


他の人に迷惑をかけてまでタバコを吸う権利はないですし、タバコで困っている人々はかなりの大人数なのです。
なので、嗜好品という言葉では片付けられませんししてはいけません。
 No smoking smoke-free


そのことをよく理解し、タバコで迷惑をかけないようにしてください。


喫煙者の中には、タバコをごまかすために、よく他の話題にそらすこともあります。
例えば、お酒はどうなんだだったり、クルマはどうなんだ?
など、タバコを悪く言われるのが嫌なために、他の話題を持ち出すのです。

これは非常に恥ずかしいことであり、迷惑喫煙者だということを理解できていません。

他の人を迷惑喫煙で不健康にさせるので、迷惑喫煙者はテロリストと変わらないのです。
それほどまでに、迷惑タバコは非常に危険ですし絶対してはいけない行為です。

あなたもタバコで悪者になるのが嫌ですよね?
それならば、あなたもタバコで迷惑をかける迷惑喫煙者にならないように注意してください。



あなたが変わることで、周りの人々や喫煙マナーも変わっていきます。
仮にたとえ喫煙可能な場所であれど、あなたのその喫煙によって、たくさんの人々が嫌な思いをしている現実から目を背けてはならないのです。
人生やめますか? 迷惑タバコをやめますか?
どこでもタバコを吸うヘビースモーカーだと、気づかないうちに他の人々へかなりタバコの煙で迷惑をかけている可能性が高いでしょう。
タバコ喫煙でむやみやたらに受動喫煙させるのはいけません。
タバコのことをごまかさず、タバコで迷惑をかけないようにするのが一番です。言い訳屁理屈を並べず、タバコの煙で周囲に受動喫煙させないように最大限の努力をしてください。



人気ブログランキングへ



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック