迷惑タバコは犯罪 迷惑喫煙者撲滅キャンペーン

迷惑タバコ迷惑喫煙を人前でし、タバコが嫌いな人に受動喫煙させるのは犯罪です。
無理矢理受動喫煙させると、それは傷害罪でありスモークハラスメントをしていることになるのです。


そのため、喫煙者は周囲の人に絶対受動喫煙させてはいけませんし、もし喫煙する場合にも、周りにあなたのタバコの煙で迷惑をかけている人がいないか、しっかりと常にチェックしなければならないのです。

タバコを吸わない非喫煙者の前で迷惑喫煙してはならないのです。
迷惑喫煙者は常に加害者であることを自覚し、周囲に配慮をする必要があります。
タバコは害がかなりありますし、臭いだけではないのです。


迷惑喫煙で周囲にタバコの煙や灰を撒き散らかすのはテロ行為と変わらないのです。
迷惑タバコをしている人は今すぐにやめましょう。
人生やめますか?タバコをやめますか?


そのことをよく理解し、タバコで迷惑をかけないようにしてください。
喫煙者の中には、タバコをごまかすために、よく他の話題にそらすこともあります。
例えば、お酒はどうなんだだったり、クルマはどうなんだ?
など、タバコを悪く言われるのが嫌なために、他の話題を持ち出すのです。

これは非常に恥ずかしいことであり、迷惑喫煙者だということを理解できていません。

他の人を迷惑喫煙で不健康にさせるので、迷惑喫煙者はテロリストと変わらないのです。
それほどまでに、迷惑タバコは非常に危険ですし絶対してはいけない行為です。

あなたもタバコで悪者になるのが嫌ですよね?


それならば、あなたもタバコで迷惑をかける迷惑喫煙者にならないように注意してください。

あなたが変わることで、周りの人々や喫煙マナーも変わっていきます。

喫煙者は正しく喫煙ルールを理解した上で、自宅内や完全密室の喫煙室でのみ、喫煙が許されます。
それ以外は必ず人に受動喫煙させてしまうので、迷惑タバコはいけません。
人生やめますか?タバコをやめますか?
喫煙者は言い訳をせず、非喫煙者に配慮しましょう。
歩きタバコは自転車タバコ、さらには車を運転しながらの危険タバコはご法度です。今すぐにそのような行為はやめ、タバコで他人に迷惑をかけないようにしてください。




人気ブログランキングへ



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック