タバコの危険性がまだまだ認識されていない

最近ではようやく居酒屋や飲食店などで禁煙にする場所も増えていますが、それでもまだまだタバコ喫煙の危険性がしっかりと認識されていません。

当然、喫煙者の煙で受動喫煙によってタバコが苦手な人に害をもたらすので、副流煙は本当に恐ろしいものと言えます。

あなたはしっかりと喫煙マナーを守れていると断言できるでしょうか?
多くの喫煙者がまだまだ喫煙マナーを守れていませんし、周囲にタバコの有害な煙を受動喫煙させてしまっているのです。
特に歩きタバコ・自転車タバコなどは危険性が高く、後ろの人に不本意にも受動喫煙させているのです。


それは本当に残念なことですし、そのような喫煙マナーの悪い迷惑喫煙者により、他の人たちに配慮している喫煙者までも疎まれてしまうようになります。
それは悲しいと思いませんか?


あなたがもし歩きタバコで他人に迷惑をかけているようでしたら、今日からは歩きタバコ・自転車タバコポイ捨ては絶対にやめましょう。

あなた自身にとっても良くありませんし、他の人たちに多大なる迷惑をかけてしまうのです。
歩きタバコは非常に危険なのです。
特に小さいお子さんと道ですれ違う場合、歩きタバコをしているとタバコを持っている手が小さい子の顔の位置になることが多く、タバコの火が顔・目に当たってしまうとどうなってしまうでしょうか?

もうお分かりですよね?
そうです、小さい子の顔に大きな傷をつけたり、失明させてしまう恐れもあるので、歩きタバコはとても危険性の高い行為になります。

あなたのちょっとの気遣いで喫煙マナーは大きく変わるので、今日からは迷惑喫煙者と呼ばれることのないように、あなたも非喫煙者に十分な配慮をできるようにしてください。

良識のある喫煙者になれれば嬉しいですよね?
歩きタバコポイ捨ては言語道断なことなので、今までそのようなことをしていた喫煙者であれば、もうしないようにしてください。

そうすれば、あなたもマナーのある喫煙者になれるはずです。





この記事へのコメント